×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プレオ(PLEO)って一体どんなもの?

プレオ(PLEO)は、であるケイラブ・チャン氏、ボブ・クリストファー氏、ゴードン・ラドリー氏らを中心に各界の一流が集まり開発が始まりました。
2006年の春に発売日が米国で告知されましたが、何度も発売延期が繰り返されました。
スタッフ信念は「ライフフォーム(新しい生命体)と呼び得るレベルの商品を提供する」という目標意識の高いものだった事が延期のつながりました。
発売情報がリークされるにつれ期待は高まり、全米では予約開始してすぐに予定台数に達するという事になりました。
そしていよいよ20007年12月1日から予約販売が開始されました。今後通販でもプレオ(PLEO)の人気が予想されます。アイボ以来となる本格的なロボットペットで話題騒然になる事間違いないです。
また、プレオ(pleo)は人工知能も持ち、人と過ごす時間やさわってあげる事によって成長後の性格は変化します。
今までにない高度技術、高度機能の集合体のようなロボットになっております。

<336×280>

<336×280>

プレオ(PLEO)の人口知能について

プレオ(PLEO)は今話題の恐竜型ロボットで、人工知能を持ち、育て方次第でさまざまな性格にかわります。プレオ誕生期・幼少期・少年期という風に3段階に分けて成長していきます。
またたくさんのセンサーにより人の声や接触などを認識する事が出来る機能を備えています。
赤外線のセンサーで周囲の状況を把握したり、いたるところに(頭部・あご・肩・背面)タッチセンサーが内臓されています。
そのセンサーにより撫でたり、触ったりすると身体を丸めたり、声を出したりというようにさまざまな動きをとります。
多くプレオ(PLEO)をさわってあげると、成長後の性格・行動に反映されるそうです。
誕生期の頃は寂しがり屋、甘えん坊、やんちゃというような性格の恐竜の赤ちゃんです。この次期に愛情を十分与えてやると、元気なプレオ(PLEO)になります。また背中を撫でてあげたりすると、丸まったり気持ちよさそう眠たりと、愛らしい表情をみせます。

プレオ(PLEO)の購入について

プレオ(PLEO)価格は 52,500円(税込)の一律価格で全世界同時発売されました。
日本国内でプレオ(PLEO)はアマゾン、ツクモロボット王国、松坂屋本店で購入する事ができます。プレオ(PLEO)の対象年齢は12歳以上という事に名なっていますが、上なら何歳でも楽しむ事が出来ると思います。
誕生期、幼少期、少年期と成長していき、声をかけたり、愛情を与える事で性格が変わったりと、おもちゃではなくペットというような感覚になってきます。
人の言葉や行動が理解できてくると、声を出したり、はしゃいだりと、いうアクションも増えていきます。
プレオのような人工知能ロボットといわれるものは、プレオの他ではソニーから出たアイボ(AIBO)、ホンダから出たアシモ(ASIMO)等があります。アシモは一般販売されておりません。
全世界の第一次の予約販売ではすでに売り切れているとの事で第2次予約販売に注文が殺到しそうですね(@@)

<728×90>

Copyright © 2007 プレオ(PLEO)恐竜型ロボット大特集☆